So-net無料ブログ作成
つぶやき ブログトップ
前の10件 | -

Twitter [つぶやき]

すっかりブログも滞りがちなわたくし。
文章書くのが、そもそも嫌い。
まず、ログインするのから面倒。
写真アップするのも面倒。。

で、最近はやりのTwitter始めてみました。
本当に1行のつぶやきをだらだら書くだけ。
でも、お互い行き来したほうが楽しいみたいなんで
(よくやり方わかってない)
遊びに来て見てください。
ここのブログと同じニックネームですぐ検索できると思います。



北海道子連れ旅行;旭岳・かなやま湖 [つぶやき]

後半はメインの観光地をちょっと外れて、北海道らしさを満喫。

3日目;旭岳で登山気分
宿の関係でこの旅の間、何度も往復することになる国道237号線を北上し、
途中初日に見られなかった美瑛のメインスポットを車で通り抜けながら、
大雪山系最高峰の旭岳へ向かう。

ここは、ロープウェイでかなり高いところまで連れて行ってくれて、
上がった先でも余り厳しくない遊歩道がある、と読んだので
今の家族構成でも行けるだろうと踏んで訪れた。
冬にはスキー用としても使われる大きなロープウェイで10分弱登ると
そこは海抜1600mの世界!旭岳が煙を上げ、雪が残る遊歩道を高山植物を眺めながら全長1.7kmの遊歩道をゆっくり歩く。これ位なら今のともちんなら楽勝だ。
1周してロープウェイで降りると、すぐそばにある旅館、湧駒荘に投宿。
日の高いうちからゆっくり温泉を楽しむ。
ここは、日本秘湯の会にも加わる温泉宿。幾つも源泉があり、更によいことに
それがどれもぬる湯なのだ。さとみんもいつまででも遊んでられる。
広いお風呂を歩くのが楽しかったらしく、ふらふらしながらじゃばじゃば進む。
何度か足を滑らせて水没(笑)しながらも泣くことなくずーっと楽しんでいた。
料理も気合が入っていて、どれも趣向が凝らされたものばかりでおいしかったが
ちょっと気合が空回り?みたいな雰囲気もあったな。
でも、メロンを半分に切った種の部分に冷たいジャガイモのスープを入れた品の
メロンは絶品で、ともちんが黙々と食べていたのが印象的だった。
冷たいものは冷たく、温かいものは温かくの基本は守られていたのだが
こちとらじっとしてられない乳児連れ。何でもいいから早く持ってきてくれオーラも
なかなか通じず、最後はともちんは部屋に一人で戻り、さとみんを交代で外に連れ出し
残ったほうは大急ぎで流し込む羽目に陥ったのであった。

4日目;かなやま湖でのんびり
ここでの目的は、ゴーカートとモーターランド。
…だったのだが、なんとモーターランドは休業状態。
ゴーカートは、ともちん一人で乗り放題だったらしいのだが、
一度帰ってきて、もう一度行ったら閉まっていた…という侘しい感じ。
でも、それを補って余りあるホテル、かなやま湖ログホテルラーチの景色とコテージの素晴らしさ!
 もう「これよ!これ!」って感じの静かで美しい緑。
新しくて広くて天井高いコテージ。
予約はトリプルの部屋だったのだが、宿のほうから5人用コテージをお使い下さい、と
言ってくれる。ここのホテルのスタッフはもう何から何まで素晴らしかった。
ともちんが公園でハチに刺された!と大泣きして、慌ててフロントに薬貰いに行ったら、
「これはハチじゃないから大丈夫だよ」と安心させてくれて、氷をビニールに入れて
持って来てくれた。タオルにくるんで当てておけば良くなるよ、おじさんも小さいとき
虫に刺されて大変だったけど、平気だから。と言ってくれる。
レストランでは、同じ人がサーブしてたんだけど、夜に外灯の下を見るとクワガタがいるかも、と教えてくれたり、鹿もいるかも、とか色々教えてくれる。
実際言われたとおりに探しに行って、ミヤマクワガタのオスを見つけてきたときの
ともちんの嬉しそうな顔と言ったら!この旅の一番の思い出になっただろう。
(後日談だが、このクワガタはともちんのリュックに入れて東京まで持ち帰り、
7日誕生日だった同い年のいとこへの誕生日プレゼントになった。
相手が一番欲しいものをあげるのがプレゼントの極意なんだよってわかってもらえたら
嬉しいんだけどな。)
ここは、レストランの料理もとってもおいしくて(量は少なかったけど)、とーってもお勧め。
ちょっと観光地からは外れるけど、訪れる価値あり!

5日目;帰りがけさくらんぼ摘みをして、さくらんぼとメロンをお土産にゲットし、
一路東京へ。
さくらんぼ摘みで農園のおばさんと仲良くなったともちんは、痛んだ実をつんであげたり
自分は大して食べもせず、手伝っていたらしい。私はさとみんの面倒を見つつ
お土産を取りつつ、自分も食べるので忙しかったからよく見てなかったけど…
で、帰りに「手伝ってくれて、ありがとうねー。御礼にどうぞ」と
おばさんから車の中で食べる分余計にもらって車に乗り込んだ。
そこで見送ってくれたおばさんに、車の窓を開けてともちんが一言。
「おばさん、おいしいさくらんぼをどうもありがとう!」
見送るおばさんが感激して「まぁ~~」と言う声が走り去る車の後ろから聞こえてきて、またおかしかった。
ともちん気が利くこと言うね~と車内は大爆笑であった。
実際、この旅を通しても本当にともちんはしっかりしてきたなぁと思うことが多かった。
さとみんが危ないとすかさず抱っこして連れてきたり、物を運んだり
バーベキューをするときも立派な戦力として役に立ってくれた。
年長になって急に大人びてきたような気がする。頼もしいなぁ。
さとみんは、初日こそ夜中何回も起きて興奮気味だったけど、長い旅程でも
ダウンもせず終始元気。やっぱり体力のある子だなあと感心したのだった。
今回は、札幌も行かず海の幸も全くなしだったけど、自然と触れ合って
家族で癒された旅だった。



北海道子連れ旅行;富良野・美瑛・旭山動物園 [つぶやき]

先週末、ベストシーズンと言われる北海道に行って来た。
乳児連れながら4泊5日という長丁場。でも、移動が極力少なくなるように
旭川IN&OUTでごく狭い範囲で楽しんできた。

1日目;美瑛でサイクリング
駅前でレンタサイクルを借り、さとみんを前かごに乗せ3台でサイクリング。
ともちんがまだ運転に不安があるため、車の少ないルートを店の人に教えてもらい、
観光のメインの方とは逆の三愛の丘というところを目指す。
しかし、そこまでは延々と続く上り坂…3,40分は登ったかな。
ともちんもへとへとになりながら、私もさとみんを前に乗せて足ががに股になりながら
何とか漕ぐ。途中オットにさとみんを抱っこ紐で持ってもらい、何とか到着。
景色を眺めながらのコーヒーはおいしかった!
丘の上のブランコで。子供達は元気…ジャガイモの花が満開でした。
夜は、ペンションジャガタラに宿泊。名も無い丘の上に建つ小さなペンション。
夕飯のジンギスカンも朝食もおいしかったし、露天岩風呂も広かったが、
ペット・喫煙可で清潔感という点で「…」だったかな。

2日目;旭山動物園~富良野でバーベキュー
朝一で行く為にわざわざ2日目に廻した動物園。開園前に少し並んだ甲斐あって
メインのしろくま、ぺんぎん、あざらしなどは混雑にあうことなくゆっくり見られる。
  

何となく全体を見回った後、早めに景色のいいレストランでランチを食べ、
オランウータンのもぐもぐタイムを見学に。観客の頭の上をロープ渡りをする
という趣向が有名なのだが、この回は待てど暮らせど一向に動かず。
まあ、サーカスやってるわけじゃないからしょうがないけどね。
早めに切り上げた後は、食料品を調達して、富良野の丘の上にあるキャンプ場へ向かう。
星に手のとどく丘キャンプ場」という名のとおり、周りには建物も何も無く、絶景が広がる。
比較的きれいなキャビンに布団をレンタル、その前でバーベキュー&焚き火という計画。
遠くを見つめ、たたずむ少年。
スーパーで購入したトマトやJAで購入したアスパラの旨いこと!
蒸し焼きにしたじゃがいもも、次の日ともちんが1個まるごと食べちゃうほど旨かった!
(おかげで車の中で気持ち悪くなってたけど;;)
立ち寄ったスーパーには残念ながら道産の牛肉は無かったので、道産の新鮮そうな
豚のレバーや舌、スペアリブ、これも道産の鳥の首のところの肉、とちょっと珍しい肉を買ってみた。
きっと商品にはなりにくい部分なんだろうね。どれもすごくおいしかった。
焼き始めた頃赤く染まっていた空は、焼き終わった頃には満天の星空!
あれが北斗七星、なんて言ってるうちに、お腹いっぱいになって寒くなって、もう後は寝るだけ!
翌朝は、羊の群れの襲撃を受けたりしつつ、急いで片付け、ファーム富田へ。
まだバスが到着前でごく和やかな雰囲気。朝からゆでとうもろこしとラベンダーソフトを食べ、
お決まりの記念写真を撮って、観光終了。



フリマ出します。遊びに来てね [つぶやき]

引渡し→引越しも迫ってきてるのに、急遽引越し直後から北海道旅行に行くことになり
その手配やら何やらでばたばたの毎日です。いいのか、それで?!
旅行の手配って、大好きなんだけど、今回に限っては余りあれこれ検討することもせず、
この季節に行くならねってことで、美瑛、富良野、旭山動物園、アルファリゾートトマムのプール、と移動距離最低限、超定番スケジュールで決めました。
お勧めのスポット、店などあったら、是非教えてください。

そして更に!物が捨てられないタチの私は、フリマに出店することにしました。
といっても、明治公園とかの大規模なやつではなく、三茶の昭和女子大でやる
うきうきフェスタ」という子供関係のイベントで小規模にやるやつ。
子供服はちゃんと着られそうなのは回す人が沢山いるから
主に家での不用品と、もらっても困るだろう子供のおもちゃ類などだから、
どれだけ売れるかはなぞ。
それ以外にも結構面白そうなイベントが企画されているので、もしよかったら
覗きに来てください。不用品などを持ち込んでもいいですよ。
売れ残って持ち帰るのが大変な大物はご遠慮願いたいですが(^^;

ふー、さとみん日記も随分さぼってるしなぁ。
さとみんは、とうとうベランダや浴室への段差が降りられるようになり、
ベランダを炭酸ソーダの粉だらけにしたり、浴室から石鹸がリビングまで来てたりと
更にいたずらの度を増しています。そう、そんなこんなで今家の中は泥棒が入った後より
ひどい状態です。早く引っ越したいな~。って引っ越したら片付くのか!って突っ込まないでください・・・



ヤフオク落札:初歩編 [つぶやき]

2週続けてバレー出来なかったので、だいぶブルーな毎日です。
先週は金曜にともちんが下痢&発熱。土曜には下がったが念のため、休養。
今週は、私が十数年前手術した右耳下の傷が痛み、何となく動く気になれず、やむなくお休み。
時々ずきーんと来るのは今も続き、何だかいや~な気分だ。

で、ストレス解消に?うってつけなのが、ショッピング!
とはいえ、出かけると疲れるだけなのでもっぱらネットね。
今回は、さとみんが80サイズに入ってきたから、春・夏ものの80サイズを
ヤフオクで買いあさり!
ベビー服のいいところは、状態がよいものが数百円から買えること。
今回もラルフ・ローレンの新品同様カバーオール、とかZARAのとってもかわいいワンピとか
NIKEのボディーとかわんさか買っちゃった。
  
当然買ったらすぐ着せる!女の子も楽しいなぁ~

意外と周りのお母さん達ってヤフオク使ってないんだよね。
私は、子供関係はほとんどヤフオクで揃えてると言っても過言ではない。
洋服はもちろんだけど、ちょっと試してみたい粉ミルクや布オムツ、ベビーフードなんかも
安く大量に出てます。新生児やSサイズの紙おむつなんかも買いすぎちゃった人が沢山出してるよ。

最近は出品もちょくちょくしてるけど、まずは落札のポイントを。
まず、欲しいものがあったら、そのジャンルまで行って、
ブランド名「NIKE」とか、サイズ「80」などを入れて検索する。
TOPページからだとタイトルしか検索せずヒットが少なくなると聞いたことがある。
カテゴリーまで降りていくと、本文も拾うんだそうな。
その結果一覧では、お金を払って「注目のオークション」にしたものが上位に出てきてしまうので
右側の「残り時間」で終了までの時間が短い順に並べるか、
「現在価格」で安い順に並べるかして見たほうが効率よく見られる。
買いたいものと予算がはっきりしていれば「現在価格」順で並べて、予算内のものだけ見ればいい。
漠然と洋服欲しいなーというようなときは、残り時間順にすると、ショッピング気分が味わえる。
中には2枚セットや複数セットになっていて、単価は安いようなものも入っているし。
そして、気に入ったものがあったら、その出品者の他の商品もチェック。
同じようなサイズ、テイストのものが出品されている可能性も高く、同時に落札すれば
送料も安く済むからね。

送料と言えば、大物を買うときは注意が必要。
だいたいある程度以上のものはヤフーゆうパック<ゆうパック<宅急便の順で
送料が安くなることがほとんどだけど、宅急便しか対応しないって人もいる。
ヤフーゆうパックは、重さで値段が決まるから、軽いけどかさばるもの向き。
ゆうパックは、大きさで値段が決まるから小さくて重いもの向き。
両方とも地域によって値段が変わるから、同じ値段だったら近くに住む出品者のほうがいい。
チャイルドシートやバウンサーを買ったときは、これぐらいまで細かく見たけど
洋服なんかは、ほとんど定形外かメール便でいけるから余り気にしないでOK。
気になるものは、がんがんウォッチリストに入れる。
最近は、メールでもうすぐ終わるよってお知らせまで来る。ちょっとうざいけど…
あとは、自分の予算内で(これ重要!)入札して、結果を待つだけ。
私は、よっぽど欲しいものでない限り、ぎりぎりの競い合いはしない、最近は。
どうしても熱くなっちゃうからね~商品は、また次に現れます、絶対に。

やりだすと楽しい!しかも安上がり!楽しいですよ。



チョコレート [つぶやき]

去年のヴァレンタインにも紹介しましたが、今年もヴァレンタインはツマガリのチョコアラカルトをオーダーしました。今年は、大きいケーキが1本に、板チョコが数枚入って、その分クッキーが少なくなっていて、私としては去年のほうがよかったんだけど、本格派チョコ好きのともちんには、魅力的だったようだ。
なにしろ、開けた瞬間手を伸ばしたのは、ケーキでもクッキーでもなく、黒いパッケージの板チョコ「ピュール・ショコラ・ボリビア」だからね。「そんなの食べれるの?」と聞いても、おいしい、と。
まぁ、ケーキに手をつけないのは予想通りだったけどね。
結局夜遅く帰ってきたオットもお味見程度で、ほとんどを私が消化しているという…
授乳中ならでは、だわ。カロリーオーバーを余り気にせず食べれる、今だけの特典!

さて、最近木曜は、ともちんお昼帰りで12時過ぎお迎え→3時前に家を出てプール→
5時前に帰宅後、ご飯を用意して、食べてお風呂→9時前には子供達疲れて眠りこける。
というサイクルが出来ていて、比較的ゆっくりとした時間が取れる。
数日前から激しい後追いが始まったさとみんも、お兄ちゃんがいると少しは紛れるようだ。
なんたって、半径50cm以上離れようとすると、ぎゃあぎゃあ泣いて、
ハイハイで後を追っかけてくる状態に陥っているのだ。
そのうち終わるとわかっていても、疲れる~
しかし、これが一人目だったら相当しんどいだろうなぁ。どこがゴールで、今どのへんにいるのか、
次にどんなカーブや坂道が来るか、わからないまま走らされてるマラソンみたいな気がするんじゃなかろうか。
ともちんに関しては、私もいまだにそうだ。
プールにしても、今は毎週楽しみに通っているけど、最初の三ヶ月は毎週泣いて抵抗するともちんを無理やりシャワーに押し込んでいた。いつか楽しんで行く日が来るのだろうか?と私も不安との戦いだった。
ひらがな、足し引き算が学校に上がるまでに出来ないと、落ちこぼれるんじゃないか、と不安にかられていたが、先日の保護者会で上の子がいる人から3ヶ月かけてひらがなを教わるから大丈夫、と言われてほっとしたり。
同じクラスの従兄が、「僕は嫌われてる」などと言い、保育園に行くのを嫌がっている、と聞くと
ともちんは大丈夫かな、とか、小学校入っていじめに発展しないといいな、そのときいじめっ子に
「お前も無視しろよ(もしくは、いじめに加われよ)」なんてともちんが言われたりして…とか
今から心配してみたりして。親の心配は尽きないのである。
子供を育てるって、大変なことだねぇ。
子供を持ってみて初めてわかる、親のありがたみ、ですな。



明けましておめでとうございます [つぶやき]

今年もぼちぼちやっていきますんで、よろしくお付き合いください。

何だかんだであっという間に年を越してしまった。
年末は、またしても気管支系の風邪をひき、ごほごほやりながらちびっと掃除したりしていたら、
湯河原に行く前日、28日にとうとうさとみんに移してしまって発熱。
29日の朝は39度まで上がり、やべーって感じだったが、もう湯河原への期待で胸がはち切れそうになっているともちんに「行かない」とは言えない。
朝一で医者に行って、抗生物質をもらって飲ます。
ともちんのときは、なるべく飲ませないようにしていたけど…結果的に長引くことも多かったし、
下の子のつらいところで、予定を優先させるために無理やり治させられてしまうのだった。。

まあ、それもあり、30日の朝にはほぼ熱も下がった。軽く済んでよかった。
湯河原では、30日にオットが31日に私がつきあって、ともちんは二日連続で「オーシャンスパおおきじま」へ。ここは、海に面して建っていて、屋上が温泉プールになっている。真冬でも暖かいお湯で、軽いプール気分を楽しめる。もちろん、見晴らしもばっちり。
プールを続けさせるために、最近おだてられまくっているともちんは、けのびの真似事のようにして5mぐらい進むのにはまっていて、もう何十回でも繰り返す。丁度ジャグジーの泡が流れるプールのようになっていて、実力より前に進むんだけれど(笑)、「すごい!すごい!」とここでもおだてまくり、潜ってから壁を蹴るコツなんかを教えていったりすると、結構自分も楽しめる。
久しぶりにさとみんから離れて、二人っきりで楽しい時間を過ごすことができた。よく考えてみたら、さとみんが生まれてから、ともちんの面倒はオット任せか、さとみんと一緒にしか見られなかった。さとみんが一緒だとついさとみんが泣かないようにともちんを叱ってしまう。ゆっくり向き合って思いっきり甘えられて、ともちんも嬉しそうだった。私も久しぶりに二人でラブラブ(笑)出来て、いい息抜きになったな。

結局、正月明けてから戻り、今日は吉祥寺でお買い物。
ふらふら見て歩くうちに、ついさとみんのお洋服の福袋を買ってしまった。一つなんて、随分大きなサイズだったんだけど、余りにかわいかったので、”しまっとこ”と思って買ってしまった。色々なところからのお下がりで、実はもう余り買う必要はないんだけど、見ると欲しくなっちゃうんだよねー。最近は自分のものなんて全く欲しくない。子供服買うのって最高のストレス解消の一つかも。

あとは、年末年始は久しぶりにヤフオクの出品をしていたのだった。
家も片付くし、臨時収入になるし一石二鳥なのだが、結構気になって何度もチェックしちゃったり、
荷造りしたりで時間が取られるんだよねー。
でも、おかげで10年近く前に買って眠っていた革ジャンが2万7千円でお嫁入りが決まったり、
眠っていたものが思っていたより高値で売れて、ホクホクでした(^^)。



成長 [つぶやき]

書きたいことは山ほどあるのだが、筆が重い今日この頃。
さとみんが一度寝かしつけても15分ぐらいで起きてしまうことが多く、まとまった時間が取れないのもあるが。

先週からの記録。
日曜、久しぶりの昼練。
みなさん、かぼすお買い上げありがとうございました。
喜んでいただけたようで、何よりです。新聞にLサイズ一個200円とか出てたから
相当お買い得ではありますです。
私は、ポカリやちょっと甘めのジュースで割って飲んでます。おいしいよ。

日曜は、私の希望を受け入れてもらい、沢山スパイクが打てて楽しかった!
いつもは、スパイク練が始まって数本打ったところで帰らなくてはいけないので
まともに手にも当たらないまま終わってしまっていたのだ。
最初の手あげはそんな調子だったが、段々いい感じになってきて、乱打では1,2本気持ちいいスパイクが打てた。さとみん出産後初めて!
あ、忘れてはいけない。先輩、やどなし夫さん(変な書き方(笑))始め、沢山の方に子守をしていただいて、練習に参加することができました。心から感謝しています。やどなし夫さんなんて、「何故ひとんちの赤ちゃんまで抱っこしてんねん?!」って状態だったと思いますが、本当に抱っこがうまくて、感動しました。
というのも、最近さとみんは人見知りが出始めて、隣に住んでるおじいちゃんにも泣いたりしていたので、眠そうだったし無理かなぁ…と思いつつ渡したら、泣かないどころか、心地よさそうにしている!やっぱ現役は違う。びっくりしました。

火曜は、Hろみ宅にお宅訪問。一部屋多いのとLDKの大きさが全然違うことを除けば(^^;、今度の我が家と間取りが似ていて、とても参考になった。
でも、やっぱ全てのスペースにゆとりがあって、収納もやたらにあってよかったなあ。窓からは公園の緑が広がってるし、素敵なところだった。
その後、太郎に会いにやっちゃんと共に恵比寿に移動。ともちんは随分前に一度太郎宅にお邪魔したことがあるのだが、当然覚えていない。でも、顔を見たら思い出したんじゃないかな。何となく接し方を見て。
やっちゃんのおいしい餃子をもりもりご馳走になって、「おいしかったねぇ」と言いながら帰った。

その帰り道。予想通り寝不足のさとみんが、動き出してすぐぐずり始めた。
ここで本格的に泣き出したら、車を停めないといけないなぁと思っていたら、ともちんが
がんばれがんばれ、さとみ!がんばれがんばれ、さとみ!」
と言い出した。すると…なんとさとみんが泣き止むではないか!
また信号で止まってしまうと泣き出すのだが、「がんばれがんばれ…」とやると、泣き止む。その繰り返しで何とか高速入り口までたどり着き、止まらなくなるととうとう寝入ってくれたのだ。

一番最初、3人で出かけたとき、同じようにさとみんがぐずった。
その時は、ともちんは耳を押さえて「うるさーい」と大声を出し、ますますさとみんが泣き喚き、大変なことになった。それに比べて、この成長振り。
ともちんと二人で「がんばれがんばれ」と言いながら、お母さんは感動したよ。



so-net photoから投稿してみた。 [つぶやき]


2006_0903画像0006


テスト。ソネットフォトからアップしてみた。
これは、一ヶ月ぐらい前にウルトラマン・フェスティバルに行ったときの写真。
うぇっ、アップしたとたん、迷惑トラバが!
自分の記事編集のところに画像がたまってないな。
これって、確か制限あるんだよね?その制限にしばられないのがメリットか。
写真もサイズいじらなくても、丁度いい大きさになってるな。ふむ。



東京でお盆 [つぶやき]

すっかり更新が滞ってしまいました。
お盆は遠出せず、友達の家に遊びに行ったり、マンション購入の相談にコンサルタントのところに足を運んだりしてました。先週は、扁桃腺を腫らして熱を出していたりもしたし…なんだかんだであっという間に終わってしまいました。
ここのところお盆はバレー仲間と旅行に行くことが多かったけど、今年は空いている東京を楽しめたので、よかったかな。空いてさえいれば、だいたいどこへ行くのでも30~40分で行くんだよね。

さてさて、引き続き慌てて詰め込み勉強をしているマンション購入ですが、まあ、広さと場所から言って割高ではあるけれど実家との利便性を最優先に考え、重大な欠陥もなさそうなので、手続きを進める方向で進んでいます。
そこで、皆さんに質問!
・フローリング、茶色とクリーム色、どっちがいい?
当初、やっぱ薄い色のほうがほこりとか目立たないし、広く明るく見えそうだからクリームでいこう、と思っていたんだけれど、うちの家具は茶色系が多くて、見本で見た茶色の色もそんなにダークな感じではなかったため、「茶色もいいかも…」な~んて思い始めてしまったのです。
・主婦の皆さんにはもう一つ。流しの上の吊り戸棚、必要?
今検討中のところは、LDK入ってすぐ手前が窓に向いているキッチンで、更に窓側に横長にLDが広がってるんだけど、吊り戸棚があるとないじゃ、結構空間の広がりが違う気がする。今住んでるとこのキッチン周りだけ考えれば、吊り戸棚なくても収納力としては問題ない気がするんだけど、やっぱりあったほうが便利かなぁ…
なんか、あれがあると、キッチンが要塞みたいになっちゃって、穴から覗き込むみたいになるじゃない?まぁ、それがいいってのもあるかもしれず…
そういう構成の家に住んだことがないから、わからないんだよなぁ。

てなかんじで、今年の夏は不動産と住宅ローンのお勉強をしているうちに終わっていくのであった。



前の10件 | - つぶやき ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。