So-net無料ブログ作成
検索選択

魔の夏休み… [育児]

夏休みが始まって1週間。疲れました、もう…
毎日弁当作って練習送り出すのはいいんだけど、
行く場所によって、電車やバスの行き方が違うからそれを確認させて、
時間通り送り出すのにまず一苦労。
しかも、最大の懸案は仲のよかった友達が今度入部することになって
その子が急に行くことになったりすると、出発時間・行き方がまた変わる。

一昨日の月曜日、お友達が急に行くことになり、ばたばたと待ち合わせを設定する。
練習終了は6時。6時20分位に他のママの番号で電話が入っているけど、伝言メモはなし。
気になって折り返したら、「ともが貸してっていうからともがかけたのよ」とのこと。
そこで、こちら方面のお母さんが車でお迎えに来ていたことを聞き、
「じゃあ車+電車でも30~40分位で帰ってくるな」と思っていた。

7時過ぎ。雷雨が急に降り出した。もうそろそろ帰ってくるだろうと思っているうち、
どんどん雨が激しくなってくる。
お友達のママに電話しても着いていない、とのこと。
もし車に乗せてもらわず、バスで帰っていたとしてももう帰ってきてもいい頃。
携帯の電池が切れてるから、イマドコサーチも意味なし。
結局7時半頃駅に着き、友達の家まで傘を持って迎えに行く。帰ったら8時…

話を聞くと、同学年のいつも命令されてる子に、どーでもいい理由でバスで帰りなって
言われたから、バスで帰った。(朝、こちら方面の車がいたら乗せてもらえと言ったのは聞いてない)
バスで帰ったのが初めてで駅の停留所から駅までがわからなかった。
携帯は電池が切れてて、テレホンカードで公衆電話使うのは忘れてた。
どれもこれも突っ込みどころ満載で、怒りを静めるのが大変。
こちらは、まだお友達をお預かりしている身だって大人の事情はわかってない…

翌朝。昨日疲れてるだろうから、フレックスを使って朝、車で送ってあげた。
帰ってる途中、「鉢巻と靴下写真撮影用)忘れたから、今日16時(練習終り)までに持ってきて」と留守電。
「持ってきてって、これから会社だよ!」と思いつつ、しょうがないから近所でお迎えに行くという
ママがいたので、そこまで自転車走らせて送り届ける。
夜。お弁当の入ったクーラーボックスがない。
話を聞くと、鉢巻を持って行ってもらったママにいつも通り家のそばまで乗せて貰ったと思ってたら
お友達と一緒にわざわざ1駅電車に乗った、と。
ここから先、もっと衝撃の事件があったのだが、それはさすがに書けない。

あー、早く辞めてくんないかなぁ(ボソリ)



さとみん4歳 [育児]

子供誕生日ぐらいは記録に残しておこう、と思いつつ
既に2週間以上経ってしまった。。
さとみんは、あっという間に4歳になってしまいました。
ともちゃんのバレー関係者にも「落ち着いてるっていうか、クールだよね」
と言われる感じで、まあ私の子よねって感じの成長ぶりですな[あせあせ(飛び散る汗)]

トイレも年少さんクラスになってすぐ、ウンチも出来るようになり完了。
着替え、お風呂、食事など人の手を借りないと出来ないことはほとんどない。
文字もひらがな濁音までは理解したらしく、今拗音(小さい”っ”とか)を勉強中。
もちろん、教え込みは一切無し。

週末は、相変わらずパパと公園や温水プールに通ったり、
お兄ちゃんの試合を見に行ったりのんびり過ごすかんじ。

家では、おままごとや保育園ごっこも好き。
私がともちゃんに絵本を読んでる間、30分ぐらいずーっと
将棋板を紙芝居に見立てて、ミュージカル風に歌を差し込みながら
何事かお話を語っていました。
きっと保育園で読んでもらったものに、自分の創作が入り混じってるんだと思うけど、
自分の世界に入っている時間の長さに驚かされます。
上の子の時は、こんなこと一切したことがなかった。

昨晩は、ともちゃんが「お米には7人の神様が入っているんだよ」と話していると
「食べちゃったら、神様はどうなっちゃうの?!」と心配そうな顔。
「さとみんの体を元気にして、お空に帰るんだよ。」とオットが絶妙な答えをすると
今度はお米を口から取り出して眺め、「かんじゃったら、神様死んじゃわないの?!」と更なる心配。
さすがに答えに困り「ちゃんと逃げるから大丈夫だよ」と苦し紛れに答えておりました。
想像力が膨らんできた証拠だね。

一時期、ピングー→バーバパパ→しまじろうとDVD視聴にはまっていた時期があったけど、
最近少し落ち着いてきたかな。
ま、ここまでは順調にすくすく育っているさとみんでした。(結局いつもこれ[たらーっ(汗)]
無題.JPG


2010-05-24 15:01  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

一応成長記録 [育児]

100115_210611.jpg

ぜ~んぜん更新しないうちに、子供たちもすっかり大きくなりました[あせあせ(飛び散る汗)]
ともちゃんは、8歳になり、もうすぐ3年生。
公文、グリムスクール、水泳、バレーと超お忙しい人になってしまいました。
何となくそんな流れになってしまったんだけど、水泳は平泳ぎ合格したら辞める予定。
公文も毎日の学習習慣がついて役目が終ったかな、と親的には思っているので
バレーが忙しくなったら辞めてもいいかな。
最初は毎日声をかけて、なだめすかしてという感じだったが
今ではほとんど声をかける必要もないくらい。成長しました。

グリムスクールは、意外と本人も楽しんでいて、これの効果だけではないけど
「最近、ゲームより本の方が好きだなぁ」と、何とも嬉しいセリフが。
そう言いつつ、それは読み聞かせのことを指してるのか?!ってくらい
家で一人で読んでるのは見たことないんだけど…ま、もうちょっとです。

週末はほぼ全部バレーでつぶれて、かなり寂しいけど
本人はそれ程でもないみたい。
同じ学年の2人にいじめられただの、まじめにやってくれないだの
ぶつくさ言いつつ、早起きして1日中参加してます。
親も早起きして弁当作り、送り迎え、応援・見守りetc…正直しんどいけど
かわいい我が子のためならがんばりますよ、かあさんは。
ま、見てる競技がバレーだから、まだ楽しめるかな。応援も気合入るし!

さとみは、あっという間にもうすぐ4歳。
相変わらず体は丈夫、保育園でも問題となるようなことはなく、
最近では朝、家から同じマンションのおばあちゃんちまで一人で行ったり
ともちゃんをお迎えに行く間一人でお留守番をしたり、と
独立心も旺盛です。
ひらがなにもそろそろ興味をおぼえ、「これはせりのせ!」とか言ってます。
やっぱり女の子&下の子は早いのかもね。
週末は、近くの公園か温水プール。専らお父さんと一緒です(ありがとう、オット!)
あとは、う○ちのオムツ離れだけ…何とかしてくれ~!
何回か成功してるんだけど、断固として拒み、気がつくと勝手にオムツに変えて
やっちゃってる[バッド(下向き矢印)]
おばあちゃんちで出ちゃうことも多くて、その場合オムツを許しちゃってるみたいで
なかなか継続的にトレーニングできないせいもあります。
ま、そればっかりはお願いできないよねぇ・・

とはいえ、大きな病気や怪我もなく、日々平穏に過ごしているのが何より何よりですね。


2010-03-04 16:23  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

再開 [育児]

2月中旬に異動してから、年がら年中考えてないといけない仕事になってしまい、
すっかりご無沙汰になってしまった。
その間に、すっかりさとみんはおしゃべりになってしまいました・・
「人間はどうやって言語を習得するのか」を記録しようと思ってたのに。
「ぱぱみ」もすっかり「さとみ」になっちゃったし、
言われたことの語尾を上げて質問形にする形でしか会話できなかったのが
すっかり思ったことを口に出来るようになってしまったし。
お歌も大好きで、「たんたんたんたんたんじょうび~」だのお弁当の歌だのを
しょっちゅう口ずさみ、ポニョはこの間ともちゃんと映画を見に行ったとき
(さとみはお留守番)お土産で買ったぬいぐるみをさっと取りに行き、
「ぽにょぽにょさかなのこ~」と歌ってる。

まあとにかくいっつも笑ってる。おしゃべりもするし、
やっぱりともちゃんよりだいぶうるさいなぁ[たらーっ(汗)]
身の回りのこともだいぶ出来るようになり、逆にやらせないと気がすまない。
洋服やくつも自分でやりたいのにやられたら、もう一度脱いでやりなおす。
ご飯ももっぱら箸で、自分で食べる
トイレもようやく少しずつトイレに誘っても嫌がらず座るようになり、
座るとかなりの確率で出るようになった。
うんちはまだだけど…したらすぐには教えるんだけどね。

あと何が出来ないんだ?と思いつかないほど、自然にたくましく大きくなっております。
出来ないことや面倒なことはほとんど気にならないもんだね、二人目っていうのは。
あっという間に手を離れてしまうのかなぁ、と思うと、多少手のかかる、でも自分を
頼ってくれるこの時期をじっくり楽しみたいなぁと思っております。


2008-08-18 10:19  nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

新生活2週目 [育児]

さとみん、保育園生活2週目、ともちん入学式~学校生活開始であります。
さとみんは、朝おばあちゃんと離れるときだけは泣くみたいだが、
基本的にはすっかり慣れ、テラス遊び、おままごとなど楽しんでいるようだ。
最近は、だいぶ大人の発する言葉の口真似がうまくなり、発音がはっきりしてきた。
意思の疎通もだいぶスムースになってきて、少し楽になったかな、また。
でも最近気がかりなのが、嫌だという意思表示するとき、人を叩くこと。
ここ最近のことだから、保育園で早速覚えてきたのかもしれない。
風呂絵本を読むときなど、ともちんも甘えてくるのだが、私を独占しようとして叩く。
で、ともちんもやり返そうとするが、一応私が止める。ともちん拗ねる。
というのが、ここ最近の図式だ。さとみんにも「だめよ」というが、いざとなったら泣くという武器があるからね、やつには。

入学式は7日にあった。総勢51人というのはやっぱり少ない。
実際教室に入って26人座っているところを見るとちょっとびっくりする。
まあ、目が行き届くという点でいい環境とも言えるが。
ちょっと心配していた担任の先生も40前後のベテランかつしっかりしていそうな女の先生で一安心。入学式の1時間ぐらいの間、時々きょろきょろ後ろを見たりする子はいたが
歩き回る子などはおらず、これもひとまずは安心。

やっぱり新しい生活は疲れるようで、どんどん睡眠時間が早まって、
ここ何日かは9時前に寝てしまったりする。
でも、学校も学童もひとまず楽しいようで、今のところ滑り出しは順調のようだ。

お弁当も当初の予想よりは大変じゃなかったなぁ。
残りあと4日で終わりだし。毎日夕飯のおかずを少しずつ残して
つめちゃったのを冷蔵庫に入れておいて、翌朝ご飯とプチトマトとデザートを入れて
できあがり、みたいな。[たらーっ(汗)]
生協でも、レンジトースターでちょっとあっためるだけのおかずとか沢山あるんだね、よく見ると。実際はほとんど使わずに終ってしまったけれど。
結構いつもの量よりご飯などは多いと思うのだが、綺麗に食べてきてくれるとちょっと嬉しかったりする。これが夏になるともっと気を遣うんだろうけどね。と今から夏休みの心配をしてみたりして。

まあひとまず毎日ばたばたしながらも新しい生活のスタートを切れたようでありました。



新学期 [育児]

いよいよ新学期。社会人になってから、「新学期」のどきどきなんかとは全く無関係な日々を送ってきたが、
子供が出来るともう一度そんな気持ちを味わうことが出来る。
さとみんは、昨日からともちゃんが行っていた認可保育園にデビュー
1年半送り迎えに通ったとはいえ、やはりホールに全園児集まるとちょっと緊張気味。
年長さんの歌やメダル?のようなプレゼントは無事受け取ったが
最後全員で「チューリップ」の歌を歌ったら、オハコのはずなのに
後ろで怒鳴り声で歌ってたガキのせいか、泣き出した(^^;
その後、入園説明会とやらで、一旦子供たちは預けられて親だけ再度ホールに集合。
昨日までともちんの担任だった先生が4月からさとみんの担任になるという
ご縁があったのだが、「おいでー」と先生が手を伸ばすとすんなり抱かれるさとみん。
「おーっさすがだね~」と先生が言いかけて、私が「バイバ~イ」と言うと状況を察知し泣き出した。当たり前だ~ね~。でも、30分ほど説明を聞いて戻ったら、
泣きつかれて静かに先生にしがみついていた。
その後は私がそばにいたこともあり、おもちゃで遊びだしたり、お昼も自分で少し食べたし、まあすぐ慣れるだろうな、という感じ。

ともちんも昨日から学童がスタート。
朝も「あ、学童行かなくちゃ」とおもむろに自分で起きだして、楽しみにしている様子。
お弁当と連絡帳を持って専用の真新しい帽子をかぶって、出発!
昨日は、保育園に行く前に私が送って行った。
去年は10人ぐらいだったらしいが、今年は何と20人もいるらしい。
1学年50人ちょっとだから、4割が学童というちょっとびっくりの事態。
同じ保育園からも比較的仲のよかった子も含め5人一緒になって、まあ一安心。
昨日はまだ同じ保育園だったお兄さんたちや同じクラスだった子と主に遊んだみたいだが
おいおい友達も増えていくだろう。
今日は、初めてプールにバスを使って通うことになっている。
同じ学童の男の子の友人2人と同じ学年の従兄が偶然同じプールに通っており、
友人が水曜バスに乗っていくことを聞きつけ、うちもそこに加わることにしたのだ。
結果的に従兄も加わり、バス乗り場までも二人で行けることになり一安心だが、ちょいどきどきだす。



家を出る時間はほとんど変わらないけど、ともちんは自分で学校に行くし、さとみんはおばあちゃんちに連れて行くだけでいいから、少し朝が楽になった。
こうやって気が付かないうちに、子供は少しずつ大きくなっていつか自分の手元を離れていってしまうんだな…
と感じる今日この頃。今のこの時間を大切に過ごさなくてはね!



復職 [育児]

とうとう復職してしまいました。
2度目でもあり、ほとんどメンツも同じ所に戻るとはいえ、やはり緊張する。
復職前からさとみんも私も鼻風邪をひいていて、いきなり熱でも出たらどうしよう?!だったが、
やはり丈夫なさとみんは微熱程度で済んでいる。(今のところ)
今のところ座ってるのが仕事ってくらい、なーんもやることないのだが、
一日ずーっと座りっぱなしで、あっというまに腰痛が悪化。
慌ててテンピュール座布団を持っていったけど、キツイ。。
お昼食べてた友達も育休&休職でおらず、新しい人と食べるのも意外としんどい。
プチ引きこもってたからねぇ。
前回は、毎朝涙涙の別れで、行き始めたら引っ切り無しに風邪ひきっぱなしで
ろくに保育園行けずでつらかったけど、今回は十分に慣らしたのもあり
さとみんの柔軟性もあり、お別れが辛くなく保育園にそれなりに楽しんで行ってくれてるのは嬉しい。”罪悪感”みたいなのが全然違うからね。

夜も前回は1歳で断乳したものの、かなり後まで夜中2,3回水分補給で目を覚ましてて
結構つらかった。
今回はそれもクリア。断乳当初2週間ぐらいはつらかったけど、今では添い寝で寝るし
一度寝たらほぼ朝までずっと寝てくれる。まとめて寝られるのは体力的に凄く楽だ。
うーん、こうやって書くと親孝行だなぁ、さとみんは。
いや、ともちんがそうじゃなかったという訳ではなく。
やっぱり一人目は親も初心者だから、お互い大変だったと思う。

そんなともちんも今ではすっかりお兄さんになって、何でも自分でやるし、お手伝いも結構やってくれる。
ご飯をなかなか食べないのが玉に瑕だが・・・
また私の復職で情緒不安定になるかと思ったが、それ程でもない、今のところ。
それよりもう今は友達との関係のほうが重要で、休みになると一時も家にいたがらない。
従兄弟達の家か同じマンションの保育園友達の家に行きたがる。
基本的にはこちらも行かせてあげたいが、相手のお父さんがお休みだったりするとやっぱり行かせにくかったり、あんまり長時間もまずいと時間を切ると、丁度公園に行くところだったのに!と
泣いて帰ってきたり…と難しい。
オットがお休みのときはそんなこと全然ないから
やはり3人になると、妹にばっかり!とストレスが溜まる事が多いんだろう。
自分の小さいときを思い出しても、友達と遊んでた記憶しかないから
友達と遊びたい!という欲求自体は好ましいとは思うが、
昨今の事情では、未就学の子供たちだけで勝手に遊ばせる訳にもいかず、
大人が絡むとなるとそれはそれで難しい。
子供だけならぐちゃぐちゃの家に上げても平気だけど、親がついてると
さすがに恥ずかしいし…とかね。
ひろみんちみたいなでっかいマンションとか、袋小路になっている住宅地とかならいいんだろうけどね。
たまに従兄を家に連れてくるのだが、30分と遊ばないうちにささいなことで諍いを起こし
「もう帰っていい?」などと言われてしまう。それでも家が嫌なともちんは
違うねたを持って、また追っかけていく。
年が近い兄弟がいないのが、こんなときはかわいそうになる。
小学校に入れば、また関係が広がって解決するのかもしれないけど
それはそれでまた違う問題が起きるんだろうなぁ。
いつになっても子供の成長を見守るのは難しそうだ。



久々さとみん日記:1歳6ヶ月 [育児]

もはや日記とは呼べないが、この6ヶ月で思い出せることを書き留めておかなくちゃってことで。

食事:
早くからにょきにょき歯が生えて、みんなにびっくりされていたけど、
お陰で早くからみんなと同じものを食べるようになった。
(必要に迫られて、生えてきたという噂あり?!)
大体のものは気が向かないときを除いて、食べる。
まだ「これ(例えば人参)は嫌い」とか言う区別はついてなさそうだ。
一時期枝豆にはまってたけど、最近は納豆とかわかめとか酢の物のきゅうりとか冷凍ブルーベリーとかが好きかな。
コップも気づいたら一人でわしっとグラスを掴んで飲むようになっていた。
最近は、ストローを刺した紙パックも中身を押し出さずに飲めるようになってきた。
相変わらず自分で食べるの大好きで、お兄ちゃんが持っている箸も必ず要求。
食べさせようと口に持っていってもそっぽを向くけど、それをフォークに刺して渡すと食べる。
とは言いつつ、7,8割は手づかみ。味噌汁にやおら手を突っ込み食べようとするので、注意。
最後には自分でお椀を持って一気飲み。味噌汁は必ず綺麗にするな、そういえば。
ご飯も最後残ってても麦茶をかけてやると、俄然やる気を出して完食する。
食べるスピードは、ともちんよりずーーーっと早く大人と同じぐらいに食べ終わる。
まぁ辺りは食べこぼしの海だけどね(^^;
でも、まあ食べることに関しては上と違って全く心配が要らない。二人目って楽だねぇ。。

睡眠:
断乳後、だいぶまとめて寝るようになったが、時々やっぱり起きて泣くこともある。
でも、完全に起き出さなくちゃならないことはほとんどなく、段々幼児の睡眠になってきた。
保育室では一人で寝られるそうだが、家ではやっぱりおんぶが多いかな。
時々TVを見ながらソファに座ってると気づいたら寝てた、ということも。

動き:
引っ越したばかりの頃は、まだ階段の上り下りもおぼつかなかったが、
今ではすっかり上手に。手をつなぐことも拒否して自分で壁を伝って降りる。
逆にともちんがつないで降りようとすると、バランス失って危ないこともある。
最近は歩くスピードも速まって、廊下の足音が一瞬ともちんと間違えることもあるくらいだ。

言葉:
「ばいばい」が一番はっきりわかるかな。「いただきます」とかもだいだいわかる。
あとは、大人の言葉を真似して同じようなイントネーションを発したりする。
どんどん語彙が増えるのももうすぐって感じだ。
でも、今の「あーぴーぱー」とか「あーぴっ」とか言ってるのがかわいかったりするんだよねー
言っていることはもうほとんどわかるんじゃないかな?
お風呂場に脱いだ服置いてきて、とか、ゴミをゴミ箱に捨ててきて、とか
お兄ちゃんにハイしてきて、と言うのも実行できる。
たまに捨てて欲しくないものをゴミ箱に入れようとしてて慌てることもあるけど。
実は行方不明になってる体温計とか自転車の鍵も捨てられたんじゃないかと不安…

遊び:
だいたい家の引き出しの中を出してばらまくのを一通りやってるが、DVDをばらまくのだけは
何度やっても飽きないらしく、もう何ヶ月も延々と一日2,3回片付けてる。
なんでだろ?きれいだからかな?
チャイルドロック買おうかな、とも思ったけど、別に出されて困るもんでもないし
いつか飽きるかなと思って、放っておいてる。んー、早く飽きてくれないかなー。
あとは、おもちゃのメロディーが出るやつを押して遊んだり、タッパーに入った哺乳瓶のふたを散らかしたり。
結構一人で黙々とやってることが多い。
まだあんまりTVに興味を示さず、ついてても5分もすると飽きちゃうみたい。
私もともちんのときには必死にDVD見せたりしてたけど、今は何もせず。

女の子:
つい昨日、ともちんが着ていた白いパーカーを着せようとしたら、断固嫌がった。
で、隣にあったピンクの服を出したら、喜んで着ようとする。
わー女の子ってホンとに服の趣味があるんだー、とびっくり。
ともちんは当然そんなことはなく、まあ4歳ぐらいから「赤が好き」とかあるけど
だいたい与えられるがままにきている。
遊びも、車・電車の類はもちろん興味なし。
鉛筆を持って紙に書くのも好き。ともちんはそんなの全くやりたがらない。
音楽に乗って体を揺するってのも、ともちんはやらなかったなぁ。
これは男女差じゃないのかもしれないけど。

余りに沢山成長したことがあって書ききれないけど、大きな病気もせず
特に困らせられることもなく、順調に育ってくれてなによりなにより。
来週からいよいよ復職…で、また環境が大きく変わるけど、きっとさとみんなら
乗り越えてくれるはず…
もう行く予定の保育室は4月から週1,2回通ってすっかり慣れ、
笑顔でバイバイできるようになってるから(これもともちんとは大違い。
ともちんは3歳ぐらいまで駄目だった)ちょっとは安心だけどね。



断乳その後 [育児]

6日目を迎え、経過報告。
5日目の夜以来、おんぶをせず眠れるように。
でもまだ寝るまではぐずったり泣いたり笑ったり(?)1時間以上時間がかかる。
そこで困ってしまうのは、夜寝付くまでの間、ともちんがほったらかしになってしまうため、
ともちんが寂しがってしまうことだ。
断乳して以来、すっかり出産直後の情緒不安定が戻ってきてしまい、
保育園で友達と手が出るけんかをしてしまった日などは、ちょっとしたことでつっかかり
挙句の果ては、ドアをバーンと閉めて部屋に鍵をかけ、号泣。
寝かしつけも最初は一緒になって絵本を取ってあげたり、オルゴールのヌイグルミを渡してあげたり、楽しそうに協力するのだが、さとみんが本当に眠くなって泣いたりぐずったりして
私がさとみんにかかりきりになると、いきなり泣き出してしまったりする。
結局寝かしつけは一時中断して、ともちんをなだめ、もう一度静かにしてもらってから
やり直すしかない。
まあ、もうしばらく、さとみんがスムーズに寝られるようになるまではしょうがないかな。
でも少し慣れたところで、また復職でリズム変わって、気持ちも乱れちゃうんだろうな、ふー。

あとの変化は、夜中起きなくなったため朝6時半には目が覚めてしまう。
私はオットが帰ってきて一度起き出したりしてるから、めちゃくちゃ眠い…
やっぱり子育て終わるまで、平穏な眠りは訪れそうにないね。
食は一時的に細る子もいるらしいが、さとみんはもりもり食べ、
これまで余り飲まなかった牛乳もごくごく飲むようになった。
やっぱり体が欲してるのかな。生命の神秘だわ。
牛乳だけだと飲まないときは、時々カルピスやコーヒー牛乳を
ちょっと混ぜて甘くしてあげるとよく飲む。ずっとそれだと困るけどね。
食事の変化に伴って、ウンチも水分の少ない幼児の形状に。
こうなるとトイレでも処理しやすいんだよなー。一つ楽になった点かな。

私も胸の張りもすっかり治まり、元の独り身(?!)の体に戻りつつある。
歯医者でもらった痛み止めを躊躇せずに飲める!
お酒も食べ物も食べたいものを食べられる!
といって、好きなように食べると前回のようにあっという間に3kg増ってことになってしまうが…(^^;
時々眠くて服をめくろうとして泣き叫ぶ姿を見ると、ああ上げたい!と思うこともあるが、
一つ終わったという安堵感、開放感のほうが勝ってるかなぁ。
お疲れ、自分!



断乳しました! [育児]

職場復帰を1ヵ月後に控え、とうとう断乳を決行した。
ここのところ、寝かしつけ以外に遊び飲みされることが非常に多く、
夜中に1時間以上も吸われ続けた挙句、目覚めてしまい
2時から5時まで付き合わされたりして
きっともうあんまり出ていないんだろう、と思ったのが一つ。
また、ちょっと調べてみても前回を思い出しても、断乳してからしばらくは
夜中チョコチョコ起きたり、違うものに依存してしまったりとリズムが安定するまでには
しばらく時間がかかりそうだ、というのも一つ。
最初は、働き始めても続けて卒乳させようかと考えていたりしたが
やっぱり働くんだったら夜は出来るだけちゃんと寝たい。
前回も最初半年ぐらいは、2,3時間おきに水分補給や寝かしつけをして寝不足で
とってもつらかったこともにわかに思い出す。

そこで、本格的にネットで調べた結果、
・自分でちゃんと歩ける。
・離乳がある程度すすんでいる。
・季節は春か秋。
・他人の協力が得られるスケジュールである。
といった条件を考えると、もう今しかない!という気分になる。

が、問題が一つ。
いわゆる桶谷式のやり方だと、子供に1ヶ月前から「止めるからね」と
言い聞かせをすることが大変重要なのだ。
でも、今から1ヶ月したらもう復職ギリギリになってしまい、失敗が許されない。
おまけにオットも忙しくなり、一人でやることになってしまう。
と迷いながら、ひとまずバレーのない連休が出来たため、私の実家に行くことにした。
とりあえず、2日ほど前から「もうすぐおっぱいバイバイだよ。湯河原に行ったら止めるからね。」とちらっと言ってみるが、当然本人はどこ吹く風。まー、わかるわけないわな。

1日目:金曜の午後に今回は珍しくロマンスカーで実家に向かう。
これだけ長く電車に乗るのは、さとみんには初の体験だ。
何とかお菓子おもちゃで乗り切ろうとするが、
最後は結局座席の隅っこでこっそりおっぱいを上げることに。
これが最後のおっぱいになろうとは、本人も私も知らなかった
これまた桶谷式から言うと邪道。
ホンとは朝一で本人の気が済むまで何度も確認しながら最後のおっぱいを味わいつくさせるらしい。

実家に着いて母に相談したところ、じゃあ居る間にやっちゃえば!ということになり
急遽決行することになった。
一応そうなってもいいように、おんぶ専用紐、哺乳瓶、お気に入りの音の出るおもちゃなども持参していたから、あとは勢い。
しかし、昼寝せずに移動してきたため、6時頃おばあちゃんのおんぶですっと寝てしまった。
「これで朝まで寝てくれるんじゃない?」なんて甘い考えは7時半ごろ見事に砕かれる。
そこから2時まで、途中何故か1時間ほど機嫌よく遊んだ以外、ずーっと抱っこかおんぶ。
こちらはまだ心の準備が出来ているから何とかなったが、本人と泣き声が心配で眠れなくなってしまったともちんは本当にかわいそうだった。

2日目。何より大変だったのは自分の胸の張り!
もう大して出てないだろうとなめてかかっていたら、とんでもないことになってしまった。
産んだ直後と同じぐらいの張りと痛み。ごちごちに硬くなって熱を持っていて、ちょっと触られるだけで飛び上がるほど痛くて、眠れない。
こりゃやばいと慌ててネットで調べなおしたら、お風呂禁止、贅沢な食事禁止、絞り過ぎ禁止だそうだった。最初の二つ、見事にやってました(^^;
とりあえず、我慢できるぐらいまで軽く絞り、濡れタオルで冷やしながら何とか乗り切る。
この日は小田原城遊園地まで遊びに行き、散々疲れさせて昼寝。
夕方起きてからも散歩攻撃、と気をそらさせて、寝るとき以外はぐずることなく過ごせた。
寝るのもおんぶしてぐるっと外を散歩すれば、30分~1時間で寝てしまう。
外に出ると風が心地よく、虫の声が響く草っぱらが近くにある環境で出来たのもよかったな。
朝方起き出したのは、母がまた寝かしつけてくれる。ありがたや~

3日目。もう胸の張りもすっかり治まる。本当は日曜中に帰って男子の応援に行きたかったのだが、まだちょっと不安があったから、もう一日実家に滞在することにした。
この日も幕山で結構涼しいのに水遊び散々させ、午後から爆睡。
この頃にはだいぶ落ち着いてきた。ときどき服をめくろうとして拒否されて泣き出すことはあっても、ちょっと気をそらせば忘れる程度。
夜も1日目ほどの激しい抵抗はなく、1,2時間の格闘の後、眠りにつく。
そして朝までぐっすり。
私は気になって夜中何度も起きてしまうが、それにしても添い乳をせずに
また寝られるのは何より楽。

4日目。朝6時半に起きてしまったから、午前中軽く昼寝させてから帰ろうと思ったが寝ず。しょうがないから、新幹線の品川経由で帰ることにした。
ロマンスカーも座席を購入すると幼児でも運賃も取られることが判明し、
新幹線でも大人1人分の運賃だとそう大して変わらず、乗ってる時間は圧倒的に少ないからだ。おまけに品川まで午前中仕事だったオットが迎えに来てくれた。
もう本当にあっという間!素晴しい、新幹線。

家に帰って初めてのお昼寝はすんなりおんぶで寝てくれたものの、
30分ほどでともちんの玄関ドアを閉める音で起きてしまう。
また寝かしつけようとしたところ、全く寝ないでぐずるぐずる。
さては家じゃ駄目なのか?!と不安がよぎり、ひとまず外に散歩に連れ出すも
ベビーカーにも乗らず、抱っこしながらベビーカーを押す羽目に。
おんぶ紐でおぶっちゃえばいいんだろうけど、さすがにちょっと勇気が…と持ってこなかったのが悔やまれる。しばらくして下ろして遊ばせてもまたすぐぐずる。
一体どうしたんだ!と途方に暮れて家に戻り、ふとせんべいを差し出したら
むさぼるように食べる!
は!そうか!
帰り際、駅前のお祭りでお好み焼きととうもろこしでお昼ご飯を済ませてしまったけど
よく考えたらさとみんはほとんど食べてないで遊んでたんだった!
いつもはさとみんがそんな状況だと帰ってから補食するのだが、旅行のばたばたで抜けていた。早く言ってよ…って、言ってたよねずっと。。ごめん。。。
てことで、お腹も膨れるといつものごきげんさとみんに。
寝るのもすんなりとはいかないけど、おんぶで室内で寝られ、朝まで起きず。

そして今日5日目。さとみんはいつものように10~14時まで保育室に行き、1時間半ほど昼寝をさせてもらい、夜は何とおんぶせずにベッドで寝ました!!ブラボー!!
今日は一度もおんぶをしなくて済んだってわけだ。
おまけに預けている間、接骨院で体のメンテナンスをし(どうしたんですか、この体は!と驚かれたけど(笑))、井の頭公園の中のカフェで待望のエスニックランチ!までしてしまった。
あー、何も気にせず食べるものを選べるこの開放感!
もうちょっと寂しいかと思ったけど、開放感のほうがずっと強かったなあ。

さて、この先更に順調に進むかどきどきだけど、ひとまず大人の階段を一つ登ったさとみんでした。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。