So-net無料ブログ作成
検索選択

オムニバスCD「おかえり」作りました [音楽]




最近、自分の作った商品の宣伝ばっかで、すいませ~ん。
今回は、自分で言うのもなんですが、かなりいいです。
言うなれば「入魂の一作」といったところです。

「おかえり」というタイトルで、家族や友人のことを歌った曲を集めたもので
小田和正、槇原敬之、チャゲアス、忌野清志郎など、我々世代が
リアルタイムに聴いてきたアーティストの隠れた名曲がガッツリ入ってます。
特にお勧めは
01 小田和正 / 君住む街へ
02 槇原敬之 / 遠く遠く~'06ヴァージョン
06 山口百恵 / 秋桜
07 さだまさし / 案山子
12 忌野清志郎 / パパの歌
あたりかな。
超久しぶりに聴いた清志郎、よかったなぁ。
清水建設のCMを思い出しますな。祈回復。。
もちろん、「君住む街へ」は何度聴いても泣けます。

小田さんは滅多にコンピに曲を出しませんが、企画への想いを
受け止めてくれて、許諾をくれました。
もちろん、ご本人ではなく、事務所の方ですが。
「たしかなこと」のようなコンピが作りたい、というコンセプトの説明と
「君住む街へ」へのアツい想いを手紙にしました。
そう、小田さんの大好きな手紙です
OKのお返事をもらった時は、嬉しかったですね~

他のアーティストもチャゲアスしかり、BEGINしかり、
周りに「何で入れられたの?!」と驚かれるほど
皆さんに協力してもらいました。

許諾を頂いたからには売らねば、と勝手に力入りまくり
珍しくプライベートにこんなところにまで書いていたりする訳です。
どうぞお許しを。

この歳になると昔のように色恋沙汰歌われてもねぇってところもあり、
今になっても聴くに堪える、今聴くといいなあと思う内容の歌を選んであります。
当時、「案山子」の"元気でいるか お金はあるか 友達できたか”とか
何となく歌っていたけど、実際に子供が一人暮らし始めることを想像すると
めちゃくちゃ実感が湧きますよね。
私も電車で聴いてて危うく泣きそうになりました。

きっと今は音楽から離れてしまっている人も多いかと思いますが
一度ご興味があれば、商品内容を覗いてみて、聴いてみてくださいませ。
んで、もし気に入って頂けたら、お友達にも是非教えてください。
少ない宣伝費でゲリラ的に売れるか、チャレンジしたいと思っていますので
ご協力よろしくお願いします!!


2009-01-21 10:56  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

トオル

やっと聴けました。

何が入ってるか、あんまり見ずに頭から聞いたけど、一番ぐっときたのは、「パパ」でした。

プリプリ(死語?)は昔聞いてたりしたから、パパも好きな曲だったけど、ホントに久しぶりに聴いて、しかも娘がいる状況で聴くと、泣けるね。これは。

by トオル (2009-02-28 19:40) 

sumibozu

ありがとう!
ぜんっぜんブログ見てなかったもんで、コメント気がつきませんでした。
私も「案山子」が久しぶりに聴いて、ともちゃんが独り暮らしするようになることを想像したら、ぐっときてしまった。
雪景色の中にポツンと立つ案山子のように寂しい思いを
してはいないか、なんてさ…
トオルさんは、ふうちゃんの結婚式とかやばそうだよね~(笑)
by sumibozu (2009-03-14 11:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。