So-net無料ブログ作成

小田和正「今日もどこかで」ツアー参加記録 [音楽]

今年に入って、待ちに待った小田和正のコンサートツアーが始まり、
6月末の沖縄を皮切りに8月の横浜アリーナ、9月の日本武道館
そして11月の東京ドームと4回も見ることが出来た。
家庭や仕事の事情で見に行けない人も多い中、これだけ通わせてくれた
家族に感謝、感謝だ。
一通りツアーも終了したので、ざっくり記録しておこう。

6月は家族旅行兼私の誕生日プレゼント(自称)として、沖縄に初参戦。
最初芝生自由席で4人で見ようと思っていたが、途中で3歳以下入場不可
ということがわかり、急遽母までベビーシッターで連れて行くことに。
でも、結果的に私も子守を沢山任せられて楽をさせてもらったし
なかなか会えないおばあちゃんと沢山触れ合えてよかった。

コンサート会場すぐ隣のホテルに宿泊したら、前夜に風呂場の脱衣場で
ご本人にご対面してしまったらしく、ともちゃんは興奮して私に伝えようと
ホテル内で行方不明になってしまった。
あ、当然男風呂なんで、私は会っていません。。
何でも「昨日ゴルフ行ったら”また”雨に降られた」とか何とか話をしていたらしい。
「握手すればよかったのに~」と言ったが、さすがにそれは出来なかったらしい。
ともちゃんぐらいの子が行ったら、きっと喜んだと思うんだが。

当日は、私は芝生席ド正面に陣取り、男チームはトイレに近い斜めの席に。
一人でコンサートに集中できたし、途中でビールまで持ってきてくれて、
ここでもオットに感謝。しかし、それを飲んだ瞬間「さよなら」をしっとり歌ってる
小田さんと目が会い、ちょー気まずかった…「ス、スイマセン」みたいな。

ステージは西日が当たりまくり、むっちゃ暑そうだったが、夏大好き男なだけに
やたら嬉しそうだったなぁ、ずっと。途中ズボンが汗でぐっしょりになって
それをお客さんに指摘されて、慌てて着替えに行ったり、屋外ならではの雰囲気だった。
アンコールには、沖縄特有の口笛でピィピィいってて、ゆる~い感じだ。
最後の最後には、特大花火がこれでもかっ!って位、ばんばん上がって
何とも楽しい気分のまんま終っていった。

8月は丁度お盆の時期で、開始が17時半と早かったのもあり、
学校が休みだったともちゃんと二人で見に行った。
「部屋の中の小田ちゃんも見てみたい」という希望だったのだが、
音が大きすぎて聴いてられないんじゃないか?と耳栓を用意したり
お腹が空かないだろうか?とか色々心配していていたが、
耳栓もほんの1,2曲で要らなくなったし、アンコールの間にトイレに行くまで
ずっと席にいられて、ああ成長したなぁ、と感心した。

9月11日は待ちに待った武道館。直前にいわゆるスポンサー席が舞い込んできて
アリーナで見られるという僥倖が。
途中の場内練り歩き、ならぬ練り走りでは目の前を小田さんが通っていった。
手を伸ばせば触れる距離だったが、恐れ多くて見送るのみ。。

特別なことといえば、「今日もどこかで」のシングルのカップリングに入れる
お客さんバージョンをお客さん”のみ”で歌ったこと。
まだ、CD化されていない、めざましテレビとツアー特設サイトでしか聞けない曲を
小田さんの歌抜き、お客さんのみに歌わせるという無謀なことをしていた。
CDでは小田さんの小さい声と一緒に歌っているようだが、本当は小田さんは歌わず
指揮していただけだった。緊張したな~

MCでは、若くて売れてないころの苦労話を沢山していた。
ひな壇+マイク1本は当たり前で、千葉のデパートでは階段の踊り場で歌わされ、
店内BGM、ジュークボックスの音、「千葉のガキ(笑)」の走り回る中、歌ったこともあるそうだ。
TVに出る前にドーランを塗られていると何とも情けなくて、
「同級生に見られたら、何て言われるだろう。俺なんでこんなことやってるんだろう」と思った、とか。
そんな話の後に聴く「君住む街へ」は、沁みた。小田さんも「何度もつまづいたんだな~」と実感できた。

思ったより長くなったので、続きはまた。
武道館のセットリスト。

こころ
正義は勝つ
愛を止めないで
伝えたいことがあるんだ
Re
僕らの街で
いつかどこかで
たしかなこと
夏の日
僕の贈りもの(2番)
地球は狭くなりました
倖せなんて
愛の唄
さよなら
Today
言葉にできない
今日もどこかで
NEXTのテーマ
Yes-No
ラブ・ストーリーは突然に
キラキラ
そのままの君が好き
時に愛は
風のようにうたが流れていた
東京の空
ダイジョウブ
(アンコール)
真夏の恋
またたく星に願いを
君住む街へ

YES-YES-YES
今日もどこかで (観客オンリー)
今日もどこかで
生まれ来る子供たちのために


2008-12-08 17:36  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

おれんじ

やべぇ。最後に「生まれ来る」かい。
たまらんねーーー。くぅーーーーっっ。
(私、よく自転車乗りながら歌ってんだよねー
もしかしたらカケルにとっての一番の子守唄になってるかも)

超羨ましい。
でもってともくん、風呂場で小田さんとは。
私だったら一生の自慢だな。って会えっこないし。
絶対握手して欲しかったなー。
「お、小田ちゃん、握手してください」と、パンイチでお願いするともくんを
想像してほのぼのするおばちゃんひとり。ばか?(笑)
by おれんじ (2008-12-09 21:13) 

sumibozu

ぶぶぶーっ、私も想像して思わず笑ってしまった。
→ともくんのパンイチ

生まれ来るはこの間のドームでは…
おっと以下次の記事に続く。。
by sumibozu (2008-12-10 13:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。